アメリカにてGoogleがスマートホーム端末として販売中の音声アシストデバイス「Google Home」ですが、今回よりGoogle Express経由で日用品などの注文ができる様になったとのこと。

Google Homeにて、「Ok Google, how do I shop?」や「Ok Google, order toilet paper」と話しかけることで、CostcoやWhole Foods、またWalgreensといった50以上のショップや量販店から購入することができる様です。

公式ブログによれば、2017年4月30日まではGoogle Home経由での注文には追加料金やメンバーシップ費用などがかからないとのこと。

Amazonでは、既に音声アシストであるAmazon Alexaを利用して物品の購入がAmazon経由で行えますが、GoogleはAmazonの様な巨大なeコマースマーケットを持ち合わせていないものの、リテールショップや量販店などと提携することで、品揃えなどの差別化を図る様です。また、Googleによれば、今後数ヶ月の間にGoogle以外のアプリやサービスと連携してこのGoogle Homeの購入機能を有効にしていくとも。

自宅に設置することで、音声経由で照明のオンオフを行ったり、エアコンの温度を調整したり、ストリーミング音楽を再生したりと、スマートホームのデバイスとして欠かすことができない音声アシストですが、日本市場でも早くこうしたサービスやデバイスのローンチに期待したいですね。

TNW

関連記事  日本でも遂にAmazon Echoシリーズが正式に発売開始!Amazon Music Unlimited向けのキャンペーンも同時開催中